ツイッター認証の導入方法(その2)

2011年11月18日(金) システム

ツイッター認証する為には、「前回の▼0」で登録した際に貰える「コンシューマーキー」と「コンシューマーシークレット」が必要ですが、 PHPで使用するために今度はOAuth認証する為の準備も必要です。

 

今回は、OAuthライブラリの「twitteroauth」というライブラリを使用してアクセスしてみました。

 

まずは、こちらから「twitteroauth」ライブラリをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍すると、参考ソースが入っていますが、実際接続に必要なライブラリは以下の2ファイルだけなので「twitteroauth」フォルダごとプログラムを実行する環境にコピーします。

【OAuth認証に必要なファイル】
twitteroauth/
・OAuth.php
・twitteroauth.php

 

あとは、PHP上でrequireしてあげれば、OAuth認証する準備が整いました。

////////////////////////////////////////////////
// twitterOAuth を読み込む
require_once(‘twitteroauth/twitteroauth.php’);

 

今度こそ準備完了です! 次回のブログで「▼1」の書き方を紹介したいと思います。

スタッフおすすめの記事

人気記事ランキング

  1. [PHP]Eclipse+Xdebugによるデバッグ…

    PHPで開発する際、EclipseにてXdebugを使用してデバッグできると便利! ということで、弊社ではいつもXdeb...
  2. Facebookシェアボタンでサムネイルなどの情報が表示されない!リ…

    自分のホームページを更新して、記事をFacebookでシェアしようと思ったときのこと。   これまでア...
  3. Twitter Bootstrapを利用する

    Twitter Bootstrap(以下ブートストラップ)は、その名の通りTwitterが提供しているcssフレーム...
  4. nginxとApacheの違いについて…

    nginxの一番のポイントは、パフォーマンスかと思います。(参考サイト) 参考サイトでのApacheBenchの結...
  5. CakePHPで複数アプリケーション管理…

    CakePHPはPHPのフレームワークです。 どちらかというと中・小規模開発に向いています。 そのため、基本的には管...