image07
マリンロード

2015.12.1デザイン 

マリンロード

Photoshopの便利機能「リンク配置」

こんにちは、デザイナーの馬淵です。

いよいよ寒くなって、鍋パーティしたくなったのでもう冬です。
チョコレートの消費量も増えてきたのでもう冬です。

寒いとキーボードを打つ手も、マウスも動かす手もかじかみます。
(社長、オフィスが寒いです!)
さっさと帰って家でぬくぬくしたいデザイナーが使う便利機能「リンク配置」。

先日制作させていただいたWebサイトは、ヘッダーに配置するロゴが決まっていませんでした。

しかし公開日はすでに決まっており、ページの制作は進めなくてはなりません。
ページの制作とともにどんどん作られていくPSDファイル。

「ロゴが決定しましたー!全ページにこれを配置してくだいー!」

これまでは、全ファイルを開き編集しなくてはなりませんでした。

しかし、複数ページにわたり共通で使われるパーツは「リンクを配置」を使えば1ファイル修正するだけでリンクされているPSDファイルの該当箇所を一気に切り替えることが可能です。

通常のWebサイト制作なら「ヘッダー」「フッター」この2つを別PSDで制作しておけば、修正作業に時間をかけずにすみます。

image01

(1)共通となる「ヘッダー」PSDを作ります。

image02

(2)下層ページにリンク配置でレイアウトします。

image03

image04

レイヤーにはリンクマークが付いたベクトルデータとして表示されます。

image05

こうしておけば、たとえば
「ロゴがピンク色に変更でーす!」というディレクターの一言にもすぐに対応することができます。

「ヘッダー」PSDだけを修正し、保存したタイミングでリンクしているすべてのPSDにピンク色が反映されます。

image06

これで色が変わろうとも、ナビゲーションの文言が変わろうとも1箇所修正するだけで対応可能、さっさと帰って存分に鍋パーティができます。

現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
ホームページ制作サービスはこちら
ページTOPへ