twitter画像
大柄 優太

2015.12.24Webプロモーション 

Webコンサルタント

大柄 優太

twitter広告を個人でも出せるようになった結果・・・

はじめまして!

マリンロードでプロモーションを担当することになりました。

大柄と申します。よろしくお願いします。


さて、タイトルにもあるように、実は11月17日から「twitter広告」が「個人」でも出稿できるようになりました。

セルフサービス式広告というらしい・・・。

個人事業主や中小企業向けのサービスで、広告主が自分自身で設定、運用を行うもの。だそうです。


twitter広告とは

↓こんな感じでtwitterのタイムライン上に出ている広告です。

twitter広告画像

左側のトレンドに出せる広告は①プロモトレンド

中央のツイートが流れるタイムラインには②プロモツイート

右側のおすすめユーザーの部分には③プロモアカウントという広告が出せます。


成果が出た場合のみお金を支払うという仕組みで、

リツイートされたり、ふぁぼられた場合などにクレジットカード経由でお金がチャリンと支払われるのです。

成果の種類はウェブサイトのクリックや、アプリのインストール、動画の再生やフォローなど様々で、

目的に応じて使い分けるのが良いでしょう。


さらにさらに!


今までは代理店経由でしか出稿できなかったtwitter広告ですが、

今後は個人で、なんと最低出稿額も0円からで配信可能とのことです。

グッとハードルが下がりましたね。


twitter広告は実は出稿するターゲットもけっこう絞れるので、

無駄なコストを出す心配も少ないですし、

関係のない人に広告を出して嫌がられるリスクも軽減できます。

極端な話、「風邪ひいた辛い」と呟いた人にだけ風邪薬の広告を出せる!みたいな。


そして、


①twitterアカウント②クレジットカード③任意の画像

出稿に必要なのは、たったこれだけ。

わーお。

低額から宣伝が可能になるので、

例えば、面白い動画が作れるけど、多くの動画に埋もれてしまっているユーチューバーさんとか、

結構使えるんじゃないでしょうか。


良かったら動画とか宣伝してみてはどうです?

もしかするとこれがきっかけで人気が出て有名ユーチューバーになれるかもしれませんよ!

ヒカキン、はじめしゃちょーに続け!!!!!なんつって。


■まとめ

  • ・twitter広告が個人でも出せるようになった。
  • ・0円から出稿できる。
  • ・細かなターゲティングが可能。
  • ・あなたもヒカキンになるチャンス!!!
現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
Webプロモーションサービスはこちら
ページTOPへ