system
飯岡 淳

2017.7.5システム開発 

バックエンドエンジニア

飯岡 淳

CentOS7でMEANスタックをセットアップ

CentOS7のサーバーが用意してあることが前提です。

Ubuntuなどでは比較的情報が集めやすいのですが
CentOSでは少なかったのでこちらに書き留めておきます。

まずはプログラムをインストールしていきましょう。

※アプリケーションのインストールはすべてルート権限で行ってください。

■MongoDB
vi /etc/yum.repos.d/mongodb.repo
下記の内容をペースト

[mongodb]
name=MongoDB Repository
baseurl=http://downloads-distro.mongodb.org/repo/redhat/os/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=0

次に下記を実行

yum --enablerepo=mongodb -y install mongodb-org
chkconfig mongod on
systemctl start mongod

これで最新のMongoDBがインストールされ、実行可能な状態になります。
稼働を確認するには、mongoと入力して

connecting to: test
Welcome to the MongoDB shell.

と表示されていれば問題ありません。

■NodeJS
下記を実行してEPELを利用可能にします。
yum install -y epel-release
今後のインストールでepelから余計なものを取ってきたくないので
vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
を開き、[epel]の項でenabled=0に修正しておいてください。

次に下記を実行

yum --enablerepo=epel -y install nodejs npm
yum install -y gcc gcc-c++

これでnodeJSがインストールされ、実行可能な状態になります。
稼働を確認するには、node -vと入力して

v0.10.36

とバージョンが表示されれば問題ありません。

—【ここから下はひたすらnpmインストールしていきます】—

■mean-cli

npm -g install mean-cli

■gulp

npm -g install gulp

—【ここから下は実際にサンプルを作成していきます root権限だとできませんよー】—

■雛形作成

mean init sampleSite

一般ユーザーで始めたのにルートだよ!!って怒られる場合は

mkdir ~/.npm

を実行してからやるとうまくいくかもしれません。

下記に対してはnと答えてください
Do you want to help us improve the mean network (Y/n)?
それ以外は、エンターキーで大丈夫だと思います。

次は下記を入力してください(途中で止まっているようだったらエンターキーを押してみてください)

cd sampleSite && npm install

リスニングするIPを変更します。

vi config/env/development.js

hostname: ‘http://localhost:3000’, → hostname: ‘0.0.0.0‘, へ変更

下記のコマンドを入力して、起動します。

glup

http://[serverのIP]:3000/ にアクセスして確認します。

以上でセットアップまで完了です。

システム開発サービスはこちら
ページTOPへ