system
虎澤 笑美

2017.12.1システム開発 

フロントエンドエンジニア

虎澤 笑美

CPIにComporserをインストールする場合

マリンロードスタッフブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。
フロントエンドエンジニアの虎澤です。

最近CPIサーバーにComporserをインストールする機会があったんですが、つまづいてかなり時間をとられてしまったので・・・備忘録も兼ねて。

Comporserをインストールする方法は、検索すればいくらでもでてくるんですが、
試せど試せどインストールできず・・・。
原因を探った結果、CPIにインストールする場合の記述の仕方がちょっと特殊でした。

ネットによく載ってるのが、
% curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

なわけなんですが、CPIにインストールする場合、
% curl -sS https://getcomposer.org/installer | php-7.0

としなければいけないようです。

ちなみに、Comporserをインストール後、Comporserで実際にプロジェクトを作る際は、
% php-7.0 composer.phar create-project phpoffice/phpspreadsheet:dev-master

と、Comporserインストール時同様、php-7.0とかいてあげないとエラーでちゃいます。

まさかサーバーによって記法が違うとは思わず、無駄に時間を費やしてしまいました・・・またひとつ勉強になりましたね。
アプリケーションをサーバーにインストールする場合は、上記の例も念頭に作業しないとですね。

以上、虎澤でした。

システム開発サービスはこちら
ページTOPへ