system
阿久津 勇太

2018.2.8システム開発 

システムエンジニア

阿久津 勇太

[Oracle]Windows7にOracle12cをインストール

こんにちは
エンジニアの阿久津です。

暦の上では春になったみたいです。
体感ではまだまだ冬の感じですが・・・。

さて、今回はWidnwos7に「Oracle12c」を
インストールしてみたいと思います。

インストーラをダウンロードする

1)oracleの公式サイトより、「Oracle12c」のインストーラを入手

ダウンロード先:Oracle Database ソフトウェア・ダウンロード

※今回は「Enterprise Edition」をインストールしていきます。
「File1」と「File2」がありますので忘れずに両方ダウンロードしてください。

2)解凍したフォルダを統合

ダウンロードした「File1」「File2」を1つのフォルダに統合します。
以下画像のような形でまとめます。

フォルダを統合

インストールの実行

1)インストーラを起動

ダウンロードディレクトリにある、「setup.exe」を起動してください。

インストーラ起動

暫くすると画面が自動的に切り替わります。

 

2)セキュリティアップデートの選択

セキュリティに関する通知を受け取りたい場合は、メールアドレスの登録を実施してください。

今回はテスト用なので、未チェック状態です。

セキュリティアップデート

 

3)インストール・オプション

「Oracle12c」のインストールに関するオプションを選択します。

お手軽にインストールしたい場合は、「データベースの作成および構成」を選択します。

今回は、細かく設定できる「データベース・ソフトウェアのみインストール」を実行します。

インストールオプション

4)Gridインストールオプション~データベースのエディション

基本的に簡単な構成が目的なのであれば、初期設定のまま「次へ」を押していただいて

問題ないかと思います。インストール目的により、設定方法は見直してください。

Gridインストールオプション

言語

エディション

5)ホームユーザの設定

「Oracle12c」を管理するユーザを指定します。

基本的には「Oracle」ユーザを新規に作成することが多いかなと思います。

ホームユーザ

今回、既に「Oracle」ユーザを持っている場合の画像となっています。

「Oracle」ユーザ未作成の場合は、この画面上で新規作成が可能です。

6)インストール場所の設定

Oracle12cのインストール場所を設定します。

特にこだわりが無ければ、初期設定でも問題ないです。

場所

7)サマリー

最後に入力内容の確認です。

間違いが無いか念のため確認しておきましょう。

サマリー

7)インストールの実施

問題なければインストールの実行です。

途中、アクセス許可のメッセージが表示されます。

インストール

 

8)完了

この画面が表示されればインストールは完了です。

完了

 

以上、「Oracle12c」をインストールしてみました。

次回は、データベースの作成をやってみたいと思います。

システム開発サービスはこちら
ページTOPへ