sales
マリンロード

2018.3.7セールス 

マリンロード

雨男って実在するの?

いつもスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます。
こん◯◯は、マリンロード営業の蓬田(ヨモギダ)です。

私事で大変恐縮では御座いますが、今週無事に41歳を迎える事ができました。

という、同じ出だしのブログをちょうど1年前に書いてました(笑)
なんというタイミングの良さ。
さて、今回のお題ですが雨男についてです。
お客様、またリアルな友人達の間では有名ですが、僕は「雨男」です。
東京出張の際、雨の確率はほぼ100%
同僚達も僕との東京同行を嫌がります。
栃木で降っていなくても東京に着くと降ってきたり、晴れの予報が急に雨に変わったり。
先月の何年振りかの大雪の日も東京に居ました。
あまりに雨の日に当たる為、雨が降っていると都内のお客様から連絡があり
「今日、都内に居ます?居るならちょっと寄ってもらおうと思って」的な電話がきます。
最近ではお客様から「お足元の悪いなか・・・」というお言葉に
「いえいえ、自業自得ですから。逆に申し訳御座いません」と応えます。

と、まぁこんな感じで僕は雨男らしいんです。
そこで、世の中には天候に影響を与える人が居るのかを調べてみました。
すると、調べるまでもなく居ました。
「松岡修造」さん(笑)
オリンピックが開催されていた平昌から彼が帰国した途端、日本の気温が上がるという。
松岡修造さんのおかげで春が訪れそうですね。

では、雨男という人種(?)は本当に存在するのかを調べました。
結論から言うと、雨男なんて居ない!そうです。
まず、日本は意外にも雨が多い国だそうです。
全国平均で3日に1日は雨とのデータもあるとの事。
このデータを受けた上で、「確証バイアス」という事が原因らしい。
「確証バイアス」とは当たったパターンだけ記憶に残すというメカニズムの事だそうで、
自分の信念に合っていたり、出来事の理由付けをする時にそれを事実として認識していくメカニズムみたいです。

つまり、皆さんが僕を雨男だと認識するのは
3日に1日は雨が降る日本において雨が降った日にたまたま東京に居る僕、
もしくは、月の三分の一は東京出張の僕が東京に行く日にたまたま3日に1日の雨に当たる。
これらを何らかの理由付けをし「蓬田は雨男だ」としているだけなんですよ!!!
わかりましたか!?
すみません、取り乱しました。
ということで、僕は雨男ではありません。
ちなみに、これだけ雨男だと言われ実際雨に当たる事も多い僕ですが、
折りたたみ傘は持たない主義です。
いつ降ってもいい様になんて、雨男だって認めている様なもんです。
今後も折りたたみ傘を買う事はないでしょう。
その代わり、雨の度にコンビニのビニール傘を買うので傘の所有本数がハンパではありません。
(自宅に3本、車に2本、会社に4本、営業車に1本)
ビニール傘欲しい人はメールください。
無料で差し上げます。

 

 

雨男について調べていたら、こんなものを見つけてしまいました。
「日本雨女雨男協会」
http://blog.canpan.info/rainypower/

 

 

 

 

 

 
入会しようかな・・・。

ページTOPへ