sales
マリンロード

2018.6.21セールス 

マリンロード

求人サイト/採用サイトってなに?それって必要なの?

いつもスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます。
こん◯◯は、マリンロード営業の蓬田(ヨモギダ)です。

関東地方も梅雨入りした今日この頃、皆さまいかがお過ごしですか?
雨男で有名な僕ですが、(詳細は下記ブログ参照)都内に行くと雨という定説を先日覆しました。
[雨男って実在するの?]
滅多に行かない横浜に行ったのですが、横浜に着いた途端雨が・・・。
僕はどうやら雨雲と一緒に行動している様です。

さて、今回のお題は[求人サイト][採用サイト]についてです。
最近、お問い合わせやご相談をいただく中で最も多い内容です。

まず、採用サイトとは何か。
採用の情報に特化したサイトなのは言うまでもないですね。
では、なぜそんなものが必要か。
この点について多くの採用担当の方々が頭を悩ませている様です。
別に企業ページの一つに採用情報を載せておけばいいんじゃないの?
そんな質問をよくいただきます。

それでは、ちょっと考え方を変えてみましょう。
アナタは気になっている商品があり、それを探していたとします。
その商品が掲載されているサイトを見つけました!
その商品について、もっと知りたい、購入したいと思ってサイトを閲覧していきますが、
そのサイトの中身はその商品を作っている企業の会社紹介や、歴史がずらずらと書かれています。
また、他にもこんな事業をおこなっていますという事業紹介など。
結局、この商品についてもっと知りたいと思っていた事は調べる事ができませんでした。
さて、アナタはこの商品を購入しようと思いますか?

ちょっと例えが極端でしたが、採用サイトの必要性とはこういう事なんです。
求職者にとって欲しい情報がしっかり掲載してある事が大切なんです。

簡単な図で見てみましょう。
・一般的な企業サイトの例
スクリーンショット_2018-06-19_11_08_33
企業サイト(コーポレートサイト)はお客様や取引先に向けた情報発信がメインになります。
その中に採用情報を設けておいてもたくさんあるページの中の1ページにしかなりません。

・採用サイトの一例
スクリーンショット_2018-06-19_11_08_46
サイト全体が求職者向けに作られたコンテンツ、構成になっており求職者が欲しい情報を企業側が十分に発信できる作りです。

 

では、なぜ企業が採用サイトを必要としているのでしょうか。
答えは簡単で、仕事探しの主流になっているものが「インターネット」になっているからです。
厚生労働省が調査した結果では仕事を探す上で利用した媒体の約6割がインターネットだったとの結果が出ています。
フリーペーパーの様な紙媒体に料金を払って掲載していれば応募の電話が鳴ったのは一昔前の話です。
求人に関してインターネットに対応していない企業はどんどんと乗り遅れてしまうという事がわかるかと思います。

でも、企業サイトの他にもうひとつサイトを持つなんて大変・・・。
そう思われた方も居るのではないでしょうか。
そこは否定しません。管理するものが増えればリスクも当然発生します。
ですが、そのリスクと求人の悩みを天秤にかけた時どうでしょう。
冷静に考えたらわかりますよね。

最後に採用サイトを持つ事のメリットをまとめてみます。
・色々な媒体からアクセスを集める事ができる
今まで使っていた紙媒体からもそうですし、SNSを有効に活用して採用サイトに繋げる事も可能です。
色々な媒体からの最終的な受け皿に採用サイトを使う事ができます。

・媒体に頼らないので、制限なく自由に情報発信ができる
求人媒体に頼るという事はそこに費用が発生します。
その費用を自社の求人サイトにアクセスを集める費用に変えたらどうでしょう。
無駄な費用をかけずに効率よく採用活動ができます。
また、媒体には色々な制限があります。
書きたい事も書けず、見せたいものも見せられず求人をするのは窮屈ですよね。
でも自社のサイトなら何を書いても、何を見せても自由です。

・サイトを成長させる事ができる
これが一番のメリットと言っても良いかもしれません。
サイトを持つという事は、リスクも伴いまますが一つの財産です。
その財産を活かさない手はありません。
サイトをしっかりと解析して、どんなところから流入しているか、どのページが一番見られているかなどを解析し、
効果測定をおこなう事でより良いサイトに育っていきます。

ここまで読んで、求人サイトを持っていない企業の方、焦りましたよね?
まだ、大丈夫。間に合います。

今回書いた事、全部マリンロードで解決できます!!!
採用サイトの制作から、自社サイトへの誘導や運用、SNSの活用、アクセス解析や効果測定。
これら全部マリンロードがおこなえます。

ちょっと余談ですが、実は色々な業者にお願いすると余計に費用がかかるんですよ。
サイト制作はこっち。運用はこっち。アクセス解析はあっち。
みたいにしてしまうと、各会社のゴールが全く異なる為に結局はサイトを作り直したり、運用がしずらくて効果が出にくかったり。
複数社へ依頼する事、僕はお勧めしません。

採用の事で悩んでいる、ご担当者様。
採用サイトを検討していた。
採用サイトはあるけどイマイチ上手くいっていない。
現状の採用サイト、採用コンテンツの診断も無料でおこなわせていただきます。

ちょっとでもそう感じた事があるアナタ、一度ご連絡ください。
お問い合わせ内容の部分に「蓬田のブログを見た」これだけ記載していただければOKです。
すぐに私がご連絡致します♫
【お問い合わせはこちら】

それでは、ご連絡お待ちしております!

現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
ページTOPへ