webpromotion
長澤 潤

2018.7.13Webプロモーション 

Webコンサルタント

長澤 潤

Googleオプティマイズを使って、複数ページで同一のABテストする実施する方法

プロモーション担当の長澤です。
最近Googleオプティマイズを使ってお仕事をする機会が増えてきたので、気づいたことを書いてみたいと思います。

Googleオプティマイズとは?

一言で説明すると、サイトのABテストを行うためのツールです。
これまでもGoogleアナリティクスなどを使って実施することは可能でしたが、ページを2つ準備したり、実施後の効果測定が複雑だったりで、なかなか業務として実施することができないでいました。

そこにGoogleオプティマイズが登場して状況は一変。
簡単な操作でABテストを実施することが出来るようになりました。

どれくらい簡単かというと、コンテンツの並び替えや要素の削除であれば、10分もあれば設定自体はできてしまいます。

1ページずつしかできないと勘違いしていた

基本的な設定方法は、紹介してる記事がたくさんありますので割愛します。
気になる人は「Googleオプティマイズ 設定」とかで検索してみてください。

なんとなくですが設定を開始するときに単一のページを選択し、そのページに対してABテスト用の変更処理を行っていくため、1ページずつしかテストが実施できないものだと考えていました。
WordpressのテーマのABテストとかも試してみたかったので、残念だなぁと思っていたのですが、実はそんなことありませんでした。

それでは、実施方法について、紹介していきたいと思います。

まずは通常通り、ABテスト用のパターンを作成

Googleオプティマイズから「テストを作成」を選択し、エディタページで設定を行っていきます。
今回は、当社のブログページの右上のバナーエリアを消す、という作業を行いたいと思います。
blog1
エディタページでバナーを削除するだけなので、設定は簡単。
エディタページの編集と保存が終わったら、いよいよ複数ページでテストを行うための設定を進めていきます。

複数ページで同一のABテストを行うにはターゲット設定が必要

ページの下のほう「目標」タブの横に「ターゲット設定」のタブがあります。
こちらを選択することで、様々な条件を設定してABテストを実施することが出来るようになります。

今回は単純に当社のブログサイトにおいて、右上のバナーを表示するパターンと表示しないパターンのABテストを実施するという設置のため、

閲覧時に「https://www.marineroad.com/staff-blog/」というURLを含んでいた場合に実施

というURLの指定だけで実施可能です。
blog2
これによりブログページではテストを実施し、それ以外のページでは実施しないという設定が完了です。

同一のHTML構造を持っている場合には、複数ページでのテストが可能となりますので、活用の幅が広がりそうです。
ただし、意図しないページがテスト対象に含まれてしまうと、思わぬ表示崩れの原因などにもなりかねませんので、正規表現などを使ってきっちり設定したいところです。

ターゲット設定ではどんなことが行えるのか?

その他、どんな設定ができるのか少しだけ紹介してみたいと思います。

・ページ指定 ※今回紹介
・Google AdWorsとの連携
・利用デバイスやブラウザ
・地域
その他、変数やCookie、JavaScriptも使用できるので、どこまでできるとは言い切れません。
正直、何でもできるんじゃないかと思います。
※解析時はGoogleアナリティクスを利用できますが、連携してのターゲット設定は、有料版でのみ利用できます。

とても便利なGoogleオプティマイズですが、やはり使いこなすには技術やノウハウが必要。
Webサイトの効果を上げるためには、どんなABテストを行ったらいいの?といった課題をお持ちのご担当者様がいらっしゃいましたら、是非マリンロードにご連絡ください。

Googleオプティマイズのご相談はこちらから

WEBサイト自己診断シート イメージ
Webプロモーションサービスはこちら
ページTOPへ