design
小河原 隼佑

2019.1.30デザイン 

デザイナー

小河原 隼佑

色が人に与える心理的効果とは

みなさん、こんにちは!

最近、各コンビニのスイーツ新商品めぐりにハマっているデザイナー 小河原です。
それぞれのコンビニがとても熱い戦いをしているコンビニスイーツ界。
どのコンビニも見た目も味も素晴らしいし、よく考えられているなと毎回思います。

「スイーツ」と同じジャンルなのに、どのコンビニで出しているものなのか、分かってしまうぐらい、各メーカーの特徴や強みを出せてるところにも、漠然とすごいなーと思ってます。

さて、今回は、本題の通り、各色によって、人が感じる心理的効果について一覧でまとめてみました。
デザインをしていて、ユーザーに伝えたい目的などによって、使用する色を迷うことがあると思いますので、参考にしていただけたら幸いです。

 

Red
赤色が与える印象
アクティブ・活力・情熱・熱い・警戒心

 

Blue
青色が与える印象
冷静・堅実・知的・ビジネス・信頼

 

Green
緑色が与える印象
自然・リラックス・安心・平和・マイペース

 

Yellow
黄色が与える印象
希望・明るい・賑やか・未来・目立つ・危険

 

Pink
ピンク色が与える印象
愛情・恋・かわいい・幸福・依存・デリケート

 

Orange
オレンジ色が与える印象
元気・社交的・楽しい・健康

 

Purple
紫色が与える印象
高級・上品・女性的・インスピレーション・スピリチュアル

 

Brown
茶色が与える印象
自然・落ち着き・歴史・伝統

 

White
白色が与える印象
清潔・シンプル・爽やか・スタート・孤独・さみしい

 

Black
黒色が与える印象
大人・モダン・かっこいい・強い・圧迫・悪・恐怖

 

以上、それぞれの色による心理的効果を調べてまとめてみました!
デザインではもちろんですが、資料をつくるときなど、
目的に合わせた配色を心がけたいですね!

ホームページ制作サービスはこちら
ページTOPへ