represent
石川 博司

2019.3.4会長 

会長

石川 博司

「ありがとう」と「すみません」

会長の石川です。

さて早速質問です。

・あなたが道を歩いていてハンカチを落とし、後ろを歩いていた方が拾って「これ、落ちましたよ」とハンカチを渡してもらったら、あなたは何といいますか?

・あなたが狭い通路を歩いていて、向こうから来た方に「先にどうぞ」って道を譲られたときに、あなたは何といいますか?

・あなたがエレベータから降りる際に”開ける”ボタンを押してあなたが降りるのを待ってくれている方に、あなたは何といいますか?

・あなたがコンビニで会計をしているとき、お店の方におしぼり入れときますね、と言われたら、あなたは何といいますか?

・あなたが食事中に食器を落としてしまい、お店の方に替えの食器を持ってきてもらったら、あなたは何といいますか?

・あなたがお客様に「いい提案だね。あの見積もりで発注しておいたよ」と電話をいただいたら、あなたは何といいますか?

条件反射的に「すみません」って言ってないでしょうか?私も以前は「すみません」が多かった気がします。
この場合の「すみません」は決して謝っているわけではなく、感謝の気持ちの現れなんですが、でもしかし、感謝の気持ちを表すのならやはり「ありがとう(ございます)!」ですよね。相手も「すみません」より「ありがとう」のほうが断然嬉しいし気持ちいいはず。

「これ落ちてましたよ」 「あっ、どうもありがとう」
「先にどうぞ」 「ありがとう、お先に」
 ”開ける”ボタンピッ 「ありがとうございます」
「おしぼり入れときますね」 「ありがとね」
「替えの食器です」 「どうもありがとう」
「発注しておいたよ」 「ありがとうございます」

仕事でもプライベートでも、感謝の気持ちを「すみません」ではなく「ありがとう(ございます)」で表していきたいものです。

「いつもありがとうございます。」マリンロードをよろしくお願いいたします。

ページTOPへ