general-affairs
大久保 美希

2019.4.8管理部 

総務

大久保 美希

【働き方改革】有給休暇取得の義務化

こんにちは。総務の大久保です。

前回のブログを更新したタイミングでアレルギー検査を受けていたのですが、やはり花粉症は気のせいではありませんでした(涙
スギ花粉だけだろうと思いきや、まさかのヒノキ花粉もアウト…!つらい。
現実と向き合って、きちんと病院で抗アレルギー薬を処方していただきました。おかげさまで今の体調はとても良い感じです!!

さて、昨今のニュースでも話題になっている働き方改革ですが、2019年4月から以下の働き方改革関連法が施行されました。

(1)時間外労働の上限規制の導入 ※中小企業は2020年4月1日~
(2)年次有給休暇の確実な取得
(3)正社員と非正規社員の間の不合理な待遇差の禁止 ※中小企業は2021年4月1日~

※特に「有給休暇の確実な取得」は大企業だけではなく、中小企業も今月から対象となりました。

「社員のみなさんに確実に有給休暇を取得してもらおう!」ということで、先日社内周知をさせていただいたのですが、あらためて有給休暇の取得率を確認してみると、個人差はあるものの年間で取得率50%以上の方が意外と多い状況。そう、マリンロードは有給休暇をとても取得しやすい職場環境なのです。(個人的にもありがたい)
今回から「10日以上の有給休暇を付与された人を対象とし、1年以内に5日間の有給休暇を確実に取得しましょう」というような働きかけが必要になるのですが、あまり苦心せずにすみそうな予感。大変ありがたいところではありますが油断せずに見守っていきたいと思います。

ぜひみなさんも、飛び石連休の合間や記念日、自身のスキルアップやリフレッシュ、各種行事等への参加などに有給休暇を活用してみてはいかがでしょうか?
最後に、働き方改革についてのリンク先をご紹介いたしまして終わりにしたいと思います。

▼年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/content/000463186.pdf

▼「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」について(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322_00001.html

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

ページTOPへ