sales
黒崎 朋也

2019.6.28セールス 

営業

黒崎 朋也

ホームページ公開後の運用について

こんにちは、営業の黒崎です。
営業の私は、「Webサイトを作りたい」というご要望をお持ちのお客様とほぼ毎日
打ち合わせをしているわけですが、必ず「理由」を毎回聞くようにしています。
というより、聞かなくては気が済まないに等しいくらい、聞いています。

サイト制作はもちろん無料ではないですし、気軽に作れるような極端に安い費用ではないです。
そこにはどんな目的があって、そのWebサイトを通じてどんなことをしていきたいか、
その目的が必ずあるわけで、その目的にそった成果を生み出さないとお客様のお金と時間の無駄遣いになってしまうので、
「理由」や「目的」を必ず聞くようにしています。
(大前提として、ご相談頂いた時点で成果を出せるサイトを作りたいと思っているんですけどね)

もちろん「会社を立ち上げたからとりあえず一般の人が調べたときにサイトがあるようにしておきたい」というのも理由になると思います。
はたまた、「Webサイトから問い合わせや申し込みをもらって、売り上げをあげたい」というのも大きな目的になると思います。

では、目的がきけたから早速制作に入って、公開しちゃいましょう!ではないのです。
毎度、お客様にお伝えさせていただいているのですが、『Webサイトは公開した後が肝心』なのです。

例えば、あなたは、これからオープンするカフェのオーナーだとします。
今まで立地を選んだり不動産屋に行って店舗を探して、ようやく借りて、そこから費用をかけて店を改修して、今度は提供するメニューの施策などを繰り返して、スタッフを雇って教育し、キッチンも家具も全部納品し、準備万端!!!!
そして、いよいよ本日オープンしました!
「わぁ~ようやく終わった~!!」ってなりますか?
違いますよね?
「ようやくオープンできた~!これから頑張らないと!!」ってなりますよね?
お客様を呼び込むために広告を打ったり、チラシを入れたり、ポータルサイトに登録したり、
SNSを始めてみたり、オープンキャンペーンを初めてみたり、
集客するためにありとあらゆる方法や戦略を実行すると思います。

まさに、Webサイトも同じなのです。
サイトを公開してしまえば、問い合わせや申し込みが来ると思っていたら大間違いなのです。
もちろんもともと人気店で、店舗リニューアルをしてもお客様が来るのは”もとから人気店”であったからなわけで、
ないところから新しく作った店なら必ず何かしらの施策が必要になるのです。
新規でWebサイトを作った後に、どんなユーザーが来ているか、どんなページが良く見られているのか、どんな層に見られているか、どんなキーワードでユーザーがサイトへ訪れているのか、どのくらいページを見てくれているかなど、
細かい情報はたくさん解析できます。
そこから得た情報はやがて課題になり、当初立てた目的を果たしていないとわかれば、
チラシ配りと同様にWeb広告を打つことも重要ですし、SNSで展開していくこともできますし、
SEOの対策をしていくことも可能ですし、サイトのメンテナンスを繰り返してユーザーが来やすいお店にしてあげることもできるのです。
このようにWebサイトを「自分のお店」と考えたら、公開した後の運用が重要なことが嫌でもわかりますよね?

我々マリンロードでは、そのアドバイスができるようプロモーション部という特別な部署があります。
コンサルティングをさせていただいたり、広告の運用、解析をしたりなど
目的に合わせて現状がどのような状況なのか把握したうえで、それを改善するためには何をしないといけないのか?などサイト制作から公開後の運用についてもトータルでサポートできる体制になっております。

今の時代、無料でサイトを作ることができるサービスもありますが、
果たして目的とあっているか?そもそもそのデメリットをメリットをきちんと理解しているか?
サイトを作る目的は一体何なのか?そして、その目的に達するには何をしないといけないのか?
これらがわからないという場合は、ぜひアドバイスをさせていただきますので、
お気軽にお問い合わせください。
決して公開がゴールではありません。
公開後の目的達成までがゴールですので、そこを忘れずに!

では、お問い合わせお待ちしております。

ページTOPへ