direction
マリンロード

2009.6.23ディレクション 

マリンロード

かたちのないテーマをかたちにおこす

プロデュース事業部古河原です。

私たちマリンロードにて、制作を協力・担当させていただきました、
玉川大学学術研究所「心の教育実践センター」様のWebサイトが
先月2009年5月上旬に公開されましたので、ご紹介させて頂きます。

「玉川大学学術研究所 心の教育実践センター」
玉川大学・玉川学園における全人教育の理想の実現を担う施設として、
「行動する全人教育」をテーマにアドベンチャー教育の手法を取り入れ、
幼稚部生から大学生・社会人を対象に、教育活動と精力的な情報提供を行っている
センターです。

————————————————————–
Webサイト制作(協力)について
————————————————————–
(株式会社オフィスキューGR様 監修 ディレクション)

・実制作期間 :約3週間

・ご利用商品:おすすめ10パッケージ 

・お客様からのリクエスト:
研究や教育といった硬いイメージの単語にとらわれなずに、
自由・柔軟な発想をもった表現で、サイトを通したセンターのイメージづくりを。

————————————————————–
表現の見どころ
————————————————————–

要件や予算の関係もありますが、新技術や派手な演出・動きに頼るのではなく、
今回必要とされたのは、限られたサイト空間でのビジュアルによる表現勝負。

シンプルでありながらも小さなこだわりをもった表現は・・・↓↓

・トップページのヘッダエリアでのちびっこ2人ワールド
ちびっこ2人が実践センターのアドベンチャー施設を動き回ります。
よく見て頂くと、何かと2人は協力し合い時を共有しています。
センターのテーマである「こころ・教育・実践・ヒトとの関わり」を
この2人が表現しています。

・各画面のカラーと抽象表現
全ページ個性をもった色と抽象表現をほどこしています。
玉川大学さまのコーポレートカラーのブルーをベースとしながらも、
たくさんのカラーをとりいれ、手書き風のテイストと実践現場の写真とを組み合わせることで
サイトに訪れる人それぞれがさまざまな見方・印象を感じられるサイトを目指しました。

————————————————————–
ディレクター所感
————————————————————–
「かたちのないテーマ(教育やこころ)をかたちにする難しさと楽しさ」

サイトの雰囲気やイメージについて、具体的指示ではなく「おまかせ」と
いただいたリクエスト。
玉川大学学術研究所 心の教育実践センターの研究テーマである、
行動する全人教育をイメージしながら、「ヒトとヒトとのかかわり」「アドベンチャー」「協力・信頼」
などをビジュアルキーワードに、柔軟なサイト表現をこころがけました。

シンプルで分かりやすい情報の提供・使いやすさにこだわった構成としつつも、
企業サイト構築のプロジェクトが多い中、今回の研究施設のプロジェクトでは、
「教育」や「こころ」といったかたちのないテーマを、Webサイトというかたちあるものにする
柔軟な発想を求められるもの。

その難しさを感じながらも、表現工夫を楽しむことができました。

センターロゴや全体のデザインにおいては、おかげさまでご好評いただき、
無事サイト公開となり制作担当一同うれしく思っています。
今後もお客様の驚きと満足を目指して、がんばっていきたいと思います!

令和3年マリンロードのお正月
ホームページ制作サービスはこちら
ページTOPへ