sales
マリンロード

2009.2.6セールス 

マリンロード

セミナーに参加

セールス担当の佐藤です。
セールスセミナーに参加してまいりました。

人は第一印象において 見た目が8割
言葉や話の印象は13%

だからこそ 話を聞いてもらえる印象を!というような内容で
営業にまつわるトークなどは端々にありましたが

人間力が付加価値。

自分の後ろにある商品を見てもらうために、まず、自身の価値をつけ
自身の魅力や価値から商品につながるのだ  というコンセプトのセミナー

立ち方
挨拶の仕方
「はい!」という返事の威力

など、半ば体育会系的なところもありました。
(起立-はいっ!- 着席-はいっ! などの繰り返しなどもあり・・・)

それはそれとしてなのですが

私は吹奏楽という場で音楽活動をしています。
表現活動の場において、「テンション」というのは非常に大切です。
そして「テンション」を維持できることが、「集中力」を維持することよりも難しいと感じます。

「テンション」により「集中力」が生み出されたりするからです。

集中力がない、団内の練習雰囲気が悪いでは 決まって良い演奏は生まれません。
単純にいうと「元気がない」 これが集中力の低下、やる気の低下、暗さの演出etc
すべてに繋がると解釈しています。
だからこそ「ハイ!」の威力 「笑い」のエネルギーは大切です。

人を元気にさせるだけでなく、自分自身も活気づかせるエネルギーがあると思います。

年をとると、インテリジェンスを意識しがちになり
落ち着いた雰囲気などに自身を置くようになりませんか?

でもきっと、「元気」のエネルギーを実感として
明るくはつらつとしている人は そして自身をそう演出できる人は
人間力が高いのではないかと思います。

というわけで 「営業は元気がなくっちゃ!」
の 2009年にしたいと思います。

インテリジェンスの乏しい私は さしずめ 元気なおバカさん

・・・・・にならないように。
人間力を磨きたいと思います。。

ページTOPへ