represent
石川 博司

2019.9.11会長 

取締役会長

石川 博司

使えないのは誰のせい?

会長の石川です。
ようやく私が住んでいる宇都宮は朝晩涼しくなってきました。
「秋」というにはまだまだですが、確実に季節は変化しているようです。

さて、今回は最近経験した事柄から感じたことを書きたいと思います。

私の母は80歳。骨がもろくなり何度か足腰の骨折を繰り返し、今はベッドと車いすを必要とする体です。そんなわけで、現在はサービス付き高齢者住宅に入っています。

先日様子を見に行った際、子(私や弟)や孫(私や弟の子供たち)と気軽に話がしたいということで、携帯電話を買うことにしました。元気なときに使っていた携帯電話は、入退院を繰り返し弱っていた時期に全く使わなくなり解約をしていました。

当然ですが、Webやメールは不要。電話をかける、電話を受ける、だけでいいという希望です。
ということでいろいろ調べた結果、「シンプルで使いやすいThe 電話」というキャッチコピーの携帯電話”Simply”を、通話のみ(データ通信契約なし)プランで契約しました。電話かけ放題を含めて本体込月額2088円。Y!mobileさん、このプランと価格設定は大変良心的ですね。

Simply_prepaid_RD_m
”Simply”

そして、”Simply”を持って母のところへ。
以前はらくらくホンを使っていたため、発信、着信の操作は当然できるだろうと思っていたのですが、理屈はわかり操作方法も理解しているのですが、正しく操作できません。
小さい文字やボタンが認識できない、思ったボタンが押せない、隣のボタンを一緒に押してしまう、押しているつもりが押してない、押してないつもりで押している。
幸いボケていない母ですが、視力と指感覚の低下により、今まで出来ていた操作ができない。でもこれボタンや文字サイズ、ボタン間隔などが大きければまちがいなく操作できるはずなんです。

母もそれが解っていて「もう少し大きな電話はないの?」と。

その後、誤発信でたまに電話がかかってくることはありますが、何とか受発信できるようになってきたようです。

ということで、この件は一件落着なんですが、この一件で感じたことは、母のような高齢者が、五感の衰えが進む高齢者が、本当に求めているモノやサービスが提供されているのかということです。

実は私も電話の受発信だけなら、普通の携帯電話で十分問題ないと思っていました。
ましてや、「らくらく」や「シンプルで使いやすいThe 電話」であれば、なおさらと。
でも母はうまく操作できない。
私はできる。やって見せる。
母は理解している。そしてやってみる。出来ない。
もう一度やって見せる。
母は理解している。そしてやってみる。出来ない。

その時ふと思ったのです。もしかして高齢者向けとうたっている携帯電話って、高齢者に実際に使ってもらいながら商品開発してないんじゃないか、と。携帯電話ってこういうもんだし、普通つかえるでしょ。使えないならあきらめて、という感じ?
仮にしているとしても定年前のITに明るい社員や関係者などがモニターを務めているとか。

高齢者向けの製品やサービスを提供されている企業の担当者のみなさん。母をぜひモニターとして使ってみてください。ズバッと厳しい意見を伝えてくれますよ。

マリンロードも他山の石ではありません。様々な立場の利用者が使いやすいWebサイトを、より良く、もっと良く、さらに良く、100点になることはない、だからこそ常に改善。想像ではなく、真の利用者の声に真摯に耳を傾けて、サービスを提供していこうと思います。

「Webで課題を解決します」マリンロードをよろしくお願いします。

追伸:こんな携帯電話があったら、母は泣いて(泣かないか)喜ぶことでしょう。

img56618297

現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ

その他の記事

ページTOPへ