system
高久 暁人

2020.1.21システム開発 

Webクリエイター

高久 暁人

WordPressを使いたいけどプログラミングが分からない方への教育内容!

こんにちは!

早速ですがタイトルの通り、WordPress構築したいけどよくわからない!
誰か教えて!

そんなことをお願いされたらどうしましょう・・。

実際弊社のWordPress教育で私が行った内容を簡単ですが紹介したいと思います。

教育内容としてはプログラミングから分からない方向けに、主に下記の4項目になるかと思います。

※足りてない部分もあるかと思いますが、ご了承ください!
※WordPressを理解する前にプログラミングの知識が必要だと思いますので、あわせてご説明致します!

【プログラミングとは】

簡単に説明しますと、機械にこういった処理をしてくださいと指示書を渡すイメージです。
それを人間が分かり易いコードで記述して、機械に渡し、理解した内容を処理してくれます。

では具体的にどんな処理が必要なのか、主に下記の3つになります。

1.処理
 画面に商品名など何か文字を出したい、消費税など数字の計算をしたいなど

2.条件分岐
 この場合こっちの処理がしたい
 例えば、購入した食品を店内で食事した場合は消費税10%、持ち帰りの場合は消費税8%など

3.繰り返し
 同じ処理を基準に沿って繰り返し処理したい場合
 例えば、商品の清算が完了するまで、金額を合計する繰り返し処理をしたいなど

基本的には上記の3つを行ってプログラミングを行っていきます。

ただ、いきなりコードを書くのは難しいと思いますので、まずはフローチャートを書いてみるのがいいかと思います。
簡単に説明すると、どのように処理を進めればいいか書き起こしていくことです。
こちらの記事が分かり易いかと思います)

その他プログラミングを行っていく上での考え方として、オブジェクト指向は頭の隅に置いておいた方がいいかと思います。
よく挙げられている例としては、車を構成するものはタイヤ・ボディ・エンジンなどのパーツに分かれてて、極端な話、ボディだけ変えれば中身は使いまわしができ、見た目を変えることができます。
つまり、処理を部品化して他の処理でも使いまわしできるようにプログラミングを行ってく考えになります。
(クラスとかプロパティとかメソッドの理解は後でもいいかと)

【phpを用いたプログラミング基礎知識】

プログラミングの基礎は上記で説明しました。
ここからは実際にWordPressでも使われている言語「php」の説明になります。

基礎として「変数」「配列」「四則演算」「条件分岐」「繰り返し」「関数」は理解する必要があります。
(どの言語でも必要な知識になります)
下記それぞれ参考になるページを載せましたので、そちらで理解して頂ければと思います。

・変数
https://www.php.net/manual/ja/language.variables.basics.php
$変数名 = ‘格納する文字列’;
$hoge = ‘hogehoge’; //こんな感じ

・配列
https://www.php.net/manual/ja/language.types.array.php
$hoge = array(‘1つめ’, ‘2つめ’, ‘3つめ’);
$huga = $hoge[1];
echo $huga; //「2つめ」の文字列が出力される
※多次元配列や連想配列といったものも、後々理解できれば

・四則演算
https://www.php.net/manual/ja/language.operators.arithmetic.php
$hoge = 2 * 3; //2×3 結果 6が変数「$hoge」に格納
$huga = ‘文字列の結合は’.’ドットで結合できる’; //文字列の結合はドットで結合できる

・条件分岐
https://www.php.net/manual/ja/control-structures.if.php
https://www.php.net/manual/ja/control-structures.switch.php
$a = 2;
$b = 1;
if ($a > $b){ echo “aはbより大きい”; }
※ifの中は論理値で判定(trueかfalse)

・繰り返し
https://www.php.net/manual/ja/control-structures.for.php
https://www.php.net/manual/ja/control-structures.for.php
https://www.php.net/manual/ja/control-structures.while.php

//変数iに初期値1を設定 繰り返す毎にiをプラス1していく iが10以内の間処理を行う
for ($i = 1; $i <= 10; $i++) { echo $i; }

※( )の中は繰り返し条件を指定

・関数
https://www.php.net/manual/ja/functions.user-defined.php
function 関数名(引数){ 処理; }
※同じ処理を別の機能で使用する場合、関数化しておくとよい

最低限のphp基礎知識はこんなところかと思います。
後は実際にコーディングして慣れていければよいかと思います。

【WordPressのインストール方法】

※事前にサーバ環境をご用意ください。
(今回はさくらのレンタルサーバで行う前提でなっております。XAMPPなどでもよいかと思います。)

・インストール
主にこちらの記事を参照ください。
https://help.sakura.ad.jp/206057622/
基本的にはWordPress本体をサーバにアップロード、データベースを用意、
ドメインに接続し用意したデータベース情報を入力すればインストール完了です。

・XAMPPなどの環境の場合はこちらの記事を参考に
https://bazubu.com/xampp-wordpress-23795.html

・初期設定
データベース情報を入れて問題ない場合、ログイン画面が表示されるかと思います。
SSLが設定されている場合、ログイン後、設定⇒一般で「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」のURLをhttpsに設定してください。
その他、設定⇒パーマリンク設定の「カスタム構造」を選択し、「/%category%/%post_id%/」にするのもお勧めです。(記事がカテゴリ毎に投稿される)
プラグインなどもありますので、サイトの要件に合わせて導入してください。
※弊社では有償プラグインですが「advanced custom fields pro」を用いて記事を動的に投稿できるよう構築しております。

【カスタム投稿タイプ機能の構築】

動的なコンテンツが一つだけのサイトであれば標準の投稿機能だけでも問題ないかと思います。
それ以外のちょっと複雑な投稿機能を追加したい場合、「カスタム投稿タイプ」を用いて構築することができます。
構築方法は下記参照ください。
https://uruchikara.jp/howto-custom-post-type/
※弊社では「function.php」から呼び出した別ファイルに直接記述方法で構築しております。

【テンプレート階層】

WordPressの組込を行うにあたって、URLを叩かれた場合どのファイルが呼び出されるか知っておかなければなりません。
例えば、固定ページ(single)はどんな名前のファイルで作成すればいいのか?など
下記を参照にしてください。
https://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E9%9A%8E%E5%B1%A4

最後に

以上のことが理解できれば後は実践あるのみです。

もしWordPressって何?の認識であれば、CMSとは?メリットデメリットは?シェア率はどのくらい?
といったところから伝えた方がよいかと思います。

WordPressを構築できるようになれば動的にコンテンツを制作できるので、サイト制作時にはお勧めです。

その他のCMSとして、マリンロードとしては「Movable Type」などの構築も行っていますので、まずはお気軽にお問い合わせください!

WEBサイト自己診断シート イメージ
システム開発サービスはこちら
ページTOPへ