system
阿久津 勇太

2020.2.6システム開発 

システムエンジニア

阿久津 勇太

TransferLogのフォーマット設定に苦戦した話

こんにちは
エンジニアの阿久津です。

マリンロードに入社してもうすぐ5年
時がたつのは早いですね・・・。

さて、5年たってもまだまだ
業務中につまずくことはやっぱりあります。

今回は「TransferLog」のログ出力に苦戦しました・・。
備忘録的にブログに対処法を残しておきたいと思います。

やりたいこと

下のようなイメージでURL情報とユーザエージェント情報が出力してほしかった・・・。

理想

127.0.0.1 – – [31/Jan/2020:19:40:38 +0900] “GET /test/test.js HTTP/2.0” 200 7491 “https://test””Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/79.0.3945.130 Safari/537.36”

 

1)何も対処せずにログを出力
結果

127.0.0.1 – – [31/Jan/2020:19:40:38 +0900] “GET /test/test.js HTTP/2.0” 200 7491

 

全然出てない・・・。

 

 

2)「combined」をつけてみる

ログフォーマット設定「combined」をTransferLogの設定後に追記

TransferLog logs/ssl_access_log combined

 

結果
そもそもApacheが起動しなかった・・。

 

 

3)/etc/httpd/conf.d/ssl.confにログフォーマットを追記

ssl.conf上の「TransferLog」の直前に
以下イメージでログフォーマット設定を追加

LogFormat “%h %l %u %t \”%r\” %>s %b \”%{Referer}i\” \”%{User-agent}i\””
TransferLog logs/ssl_access_log

 

結果
出力できた!!

 

 

意外とつまずきやすいポイントかと思います。
皆様もご注意ください・・・・。それでは。

WEBサイト自己診断シート イメージ
システム開発サービスはこちら
ページTOPへ