webpromotion
大柄 優太

2020.6.10Webプロモーション 

Webコンサルタント

大柄 優太

求人ボックスで効果が出る3つの理由。Indeedとの違いもまとめました。

どうも、プロモーション担当の大柄です。

企業の採用活動において、正社員アルバイト問わず、ウェブの活用は必須になりましたが、今日はその手段の1つ、求人ボックスについてのご紹介をしたいと思います。
ogimage
昨今、求職者は求人専用の検索エンジンを利用して職探しをするのが当たり前になりつつあります。

用語の意味を知りたいなど文章で調べたい場合はGoogleが適していますし、何かの作業手順など実際に様子を見たい場合は動画専用の検索ができるYoutubeが便利です。これと同様で、当然求人の情報を調べるときは求人専用の検索エンジンを利用する人が増えています。

求人検索エンジンというとIndeedが有名ですが、最近は求人ボックスなど、その他の求人検索を活用する求職者も増えており、企業はそのような各求人検索エンジンを網羅し採用情報を掲載することで採用効率を上げられるようになっています。

因みに、求人検索エンジンについては下記のIndeedの記事にまとめてありますので、こちらをご確認ください。
indeed(インディード)に自社サイトの求人情報を掲載するには?
indeed(インディード)は無料?有料?ー費用に関するお話ー

求人ボックスについて

求人ボックスとは、カカクコム社が運営する求人検索エンジンです。2015年にリリースされたのですが、今や、月間ユーザー数は400万人を突破し、無視できない存在になってきています。

求人ボックスでは、世の中の求人サイトに掲載されている求人情報を専用のクローラーで自動的に読み取り求人ボックスのサイト内に表示させています。
企業は特定のルールに基づき求人サイトを用意することで求人ボックスに掲載可能です。

Indeedと比較されることが多いのですが、個人的に特に重要な違いは以下の3点だと思うので、これだけは覚えていってください。

特徴①:日本人向けのサービスである

Indeedは世界規模で運用されているサービスですが、求人ボックスは日本のサービスです。関係者の方から聞いた話によると、日本人向けのユーザビリティを意識して制作されているようで、日本人にとって使いやすい検索エンジンになっています。
こだわり条件検索などの機能が備わっており、未経験OKや服装自由の求人だけに絞った検索ができたり、従来の日本の求人媒体に近い検索が可能なのですが、これは日本企業ならではの機能ともいえます。
利用者が増えており、今後も更に求職者の方が使いやすくなるアップデート等あると思いますので、日本で採用活動を行う企業は今のうちに掲載しておくべきでしょう。

特徴②:広告のクリック単価が安い

求人ボックスでは、採用エントリーを増やすために求人ボックス内に有料広告を掲載することができます。
クリック型の広告になるので集客のタイミングで課金される仕組みなのですが、他の媒体に比べると低価格で出稿可能です。
クリック単価の上限が100円になるので価格競争にならず、もしIndeed等でクリック単価が100円を超えているようであれば、こちらの方が安価で集客できる可能性があります。
もし貴社で採用の有料広告を出稿しているようであれば、クリック単価を確認して100円を超えていないか確認してみてください。

特徴③:広告の課金されるタイミングが異なる

Indeed広告と同様のクリック型広告にはなるのですが、課金されるタイミングが異なります。
Indeed広告は求人情報をクリックしてIndeed上で詳細のページが表示された時点で課金が発生するのですが、求人ボックスは求人サイトへ遷移するクリックのタイミングで課金が発生します。
Indeedは詳細ページを確認されたタイミングで課金されるためサイトへの集客までは保証されていないのに対し、求人ボックスは自社サイトに呼び込むタイミングまで課金されないため確実に集客できます。
これは非常に大きな違いで、自社サイトの雰囲気や詳細な内容を閲覧して意思決定してもらいたい場合、特に影響が大きくなります。

まとめ

以上が求人ボックスに関する内容のまとめになります。
日本発祥の求人検索エンジンで日本人が使いやすいという特長があり、かつ広告単価が安く確実に集客できるというのが強みだと考えられます。
Indeedに比べるとまだ利用者自体は少ないですが、今後伸びていくサービスで、一定数の求職者はいるものの、競合が少ないという企業にとってはとても効果を出しやすい状況でもありますので、Indeedと併用しながら採用活動に活用してみては如何でしょうか。
現状は女性向けの求人や在宅系の求人が効果を出しやすい傾向もあるようですので、もし当てはまるようであれば採用担当の方は急いで検討した方が良いと思います。

求人ボックスに広告掲載したいけど、運用やレポーティング、効果を上げるための改善方法が分からない!という方は、是非以下のフォームからお問い合わせください。マリンロードが一括して運用代行させていただきます。
ページの作成やIndeedや求人ボックスの配分設定、文章の校正などまとめてサポートできます。

ご相談はこちらから

現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
Webプロモーションサービスはこちら
ページTOPへ