webpromotion
高山 安住

2020.7.13Webプロモーション 

Webコンサルタント

高山 安住

Webコンサルタントが教える「自社採用サイトのメリットとデメリット」

Webコンサルタントの高山です。

求人に関するWebサービスはengage(エンゲージ)、ビズリーチといった求人情報サイトなど、多岐に及びます。「新卒ならマイナビ」「IT系の転職ならGreen」「アルバイト探しならタウンワーク」といった特徴や強みを売りに、各社がサービスを展開しています。
多くのサービスが乱立するなか、中小企業の採用担当者さまは、「どのサービスを使えば応募が来るか」で悩まれる事が多く、実際に私たちもご相談をよくお受けします。サービスの選択はもちろん重要ですが、実は「自社採用サイト」も重要であることは意外と知られていません。今回は「転職」や「新卒」の人材を獲得したい企業さまへ、「自社採用サイト」のメリットとデメリットをご紹介いたします。

メリット1:求人広告では伝えきれない情報が伝えられるから

情報が足りない
求人サービスの会社からサービスの紹介を受けた!情報をテキストで送るだけでサービス上にページが作れるみたいだし、CMもやっている有名なサービスだし、広告を出稿してみよう!となったものの、なんだか反応が良くない・・・・何てことありませんか?
求人サイトに載せることが出来る情報は、本当に限られていますよね。もし自分が転職を探している人間だったら、どうでしょうか?ファーストコンタクトは求人サービスだとしても、多くの方は応募前に企業について検索をかけると思います。
実際に転職活動中にどのように情報を収集したかというアンケートの結果でもでも、企業のサイトや企業の採用サイトを調べたというユーザーが約9割に達するというデータがあります。
求人情報サイトでは良いアピールしか載せない企業も多くあります。アピールポイントや月収、福利厚生といった情報以外に、その企業の本当の姿を調べるということは、求職者にとって当たり前になってきています。

メリット2:企業と求職者のミスマッチを防ぐことが出来る

企業と求職者のミスマッチを防ぐことが出来る
求人サイトで広告(=費用)をかければ、露出が増えますので、当然応募数は稼ぐことが出来ます。しかし応募数は、企業にとっては指標の1つにすぎません。なぜなら求人の最終のゴールは「優秀な人材の獲得」であるはずだからです。応募数がやみくもに増えることは、応募の案内の返信、履歴書の確認、面接のスケジュール調整など多くの労力の増加に繋がります。規模の大きい企業なら、人事部があって対応はすべて行ってくれますが、中小企業では兼務をしている担当者がほとんどだと思います。
実際のところ、忙しい時期は残業も覚悟が必要な職種だけど、応募数を稼ぐために「土日はお休み!」「残業少なめ!」と魅力的な言葉で発信するとどうでしょう。この部分だけに反応して応募をしてきた求職者が実際に採用となり、忙しい季節に「話が違う!」と離職されてしまったら元も子もありません。
自社採用サイトでしっかりと情報を載せることで、このようなミスマッチを防ぐことが出来ます。

メリット3:求人広告以外の露出が増えるから

求人広告以外の露出が増えるから
以外を忘れられがちなのが、この部分です。自社採用サイトを持つことで、求人情報サイト以外にもindeed、求人ボックス、Googleしごと検索といった求人検索エンジンで露出することできます。
▼検索エンジンとは?という方は以下の記事を参考にしてください▼
なぜindeedは無料で求人検索や企業が掲載出来るの?
採用情報サイトは、閲覧数を増やす為にさまざまなプロモーションを行っています。しかし、実際ユーザーはGoogleやYahoo、indeedなどいろいろなものを使用します。それらの検索結果に、自社採用サイトを持つことで、それぞれに露出することが可能となります。(ただし反映されるには、サイトをそれらのエンジンに対応した作りにする必要があります)
検索結果は広告ではないため無料です。これは大きなメリットと言えます。

自社採用サイトのデメリット

自社採用サイトのデメリット
さて、メリットを3つ載せましたが、もちろんデメリットもあります。それは「自社採用サイトの制作コスト」です。自社で採用サイトを持つには、「サイト制作費」「サイト制作プロジェクトの時間的コスト」「サーバー利用料」など費用・時間ともにコストがかかります。
「採用サイトを作るのに何十万円もかかってしまい、運用のランニングコストもかかって赤字になってしまった・・・」
「採用できたけど制作費を考えると採用獲得単価が凄い金額に・・・」
なんてことは、実際に起こりうることなのです。そのため、「数人をこの期間だけ獲得したい」などの場合は、採用情報サイトのテンプレートだけの方がいい場合もあります。

自社採用サイトが0円で作れるYatotteとは

ページ制作のデメリットを解決するため、マリンロードでは通常30万円かかる採用サイトを0円で用意出来るYatotteというサービスをご用意してあります。ページを作るのに必要な情報はExcelに入力いただくだけで、求職者が欲しいと思う情報の網羅が可能となります。また、Yatotteで制作したページは、indeedやGoogleしごと検索といった採用検索エンジンの検索対象となります。
Yatotteについての参考記事:
採用活動の課題解決サービス「Yatotte(ヤトッテ)」をリニューアルしました!

また、マリンロードはindeed社の認定パートナー企業として、indeedについての無料相談を随時行っています。「今あるうちの採用サイトは、indeedの検索結果に載るのか?」といったご質問は、ぜひこちらからお問い合わせください。

indeed無料簡易診断はこちらから
その他のご相談はこちらから

その他、採用サイトや広告に関する疑問やご質問などありましたら、お気軽に上記からお問い合わせください。

現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
Webプロモーションサービスはこちら

その他の記事

ページTOPへ