general-affairs
大久保 美希

2020.7.28管理部 

管理部

大久保 美希

【雑談】安全に、お得に、旅をしたい。Go To Travel キャンペーンと自治体独自の取り組みにまつわるお話

こんにちは。総務の大久保です。
最近話題になっていた「Go To travelキャンペーン」ですが、実は自治体独自でも観光需要の回復を図るために「都道府県をまたがない県内旅行」が推進されていることはご存知でしょうか。
コロナウイルスの感染拡大状況を加味しつつ、日々の生活に余裕があればぜひ活用したい…!と(個人的には)思ったので、一部分をご紹介したいと思います。
今後の連休にあわせて、有休や夏季休暇を活用してみても良いかもしれませんね。

 

▼「県民一家族一旅行」の推進(栃木県)
http://www.pref.tochigi.lg.jp/f05/kanko/kanko/ichikazoku.html

県内の観光需要回復のため、県民を対象に県内の宿泊を最大半額(1泊あたり上限5,000円/2泊まで)を割引する支援策「1家族1旅行キャンペーン」の実施。
1人1泊につき、10,000円以上の宿泊料金を5,000円割引または6,000円以上の宿泊料金を3,000円割引。栃木県民の県内宿泊旅行が対象。
県内の有料道路の無料化も実施。(繁忙期を除く土日祝日のみ)

各地で同様のキャンペーンを行っているところもありますので、旅行を検討している方はぜひご確認いただくことをオススメします。

 

また、国内観光需要喚起を目的とした「Go To Travelキャンペーン」も7月22日から開始されましたが、国内旅行を対象に日帰り・宿泊旅行代金の1/2相当額が補助されつつも、うち7割が旅行代金の割引、3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与される点にはご注意を。(決して旅行代金から半額がそのまま割り引かれるわけではないようです。。。)

地元の観光地に遊びに行くことで新しい発見ができたら、とても素敵だなと思います。
ただし、先日のニュースでも報道されましたが、東京発着の旅行については当面の間はキャンペーンから除外されること。そして、コロナウイルスの感染拡大状況によってはキャンペーンの実施内容などに変化があるかもしれない点にはご注意くださいね。

 

他にもGo To キャンペーンの一環として、Go To Eat、Go To Event、Go To 商店街など…。今後もいろいろと予定されているようです。
情報の詳細がなかなか出なかったり、制度自体もあやふやなところがあったりと、見切り発車感が否めないのですが、ぜひ、活用できるものがあればチェックしてみてくださいね。

現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ

その他の記事

ページTOPへ