system
上松 博志

2020.8.28システム開発 

システムエンジニア

上松 博志

[雑談] 懐かしさを感じない懐かしい映画

システムの上松です。

今回は、「機動警察パトレイバー the Movie」という映画について語ってみようかと思います。

1989年公開のロボットアニメで、つい先日まで4DXでリバイバル公開されていました。

この映画、WindowsすらDOS上で動くマイナーOSだった時代に、
「ワーム型コンピューターウィルスによる接触感染」
「OS更新は人柱の結果を見てから」
「ブラックボックスだらけのプログラムがどれだけヤバいか」
等々、今時常識でしょ?という内容が描かれているんです。
(PCの主要OSがMS-DOSで、たった20MBのハードディスクがウン十万円した時代ですよ?)

ストーリーの根幹が身近なネタなこともあって、この業界にいる人なら見て損はない作品です。
レンタルやdアニメでも見れるので、機会があれば視聴してみてください。
1989年の作品として考えると、内容が飛び抜けていてかなり驚くと思いますよ。

それでは。

現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
システム開発サービスはこちら

その他の記事

ページTOPへ