represent
石川 博司

2020.11.10会長 

取締役会長

石川 博司

決算期

会長の石川です。

11月に入りました。
今年を総括するには少々早すぎるかもしれませんが、地球にとって、人類にとって大変な年でしたね。数年たって「あの年は大変だったなぁ」と2020年をある意味懐かしく思い返せればありがたいなと思っています。

さて、その11月。実はマリンロードの決算月です。

11月決算!

多くのお客様や取引先様より「なんで11月なの」と聞かれます。
これ話すと長くなり、このブログも5スクロール位のボリュームになりそうなので簡単に書きますね。

当初は多くの企業と同様に3月決算としていました。特に大きな理由はなく、会社の決算って普通3月だよね、という感じでやっていました。
そして何年か経ったころ、気が付いたのです。

3月は売り上げが一番上がる!と。

幸い設立当初よりお客様に恵まれ、いいお仕事にも恵まれる中、3月に完了し請求をさせていただくプロジェクトが増えてきたのです。
お客様の多くは3月決算であり、年度予算があり、その年度予算でお仕事をいただく。おのずと「3月までに完成させてね」が多くなるのです。

大変ありがたいお話ですが、そんなある意味大混乱な3月末に、マリンロードも決算を迎えるということは、いろいろな意味でかなり厳しい。
収支予測も利益処分も決算賞与も人事評価も翌年度の経営計画もこの大混乱の中で行わなければいけない。大企業なら役割分担して粛々と行えるでしょうが、マリンロードはそのような企業ではありません。

そんな中、顧問の税理士先生が見るに見かねて「決算期変えましょうか」との提案をいただいたのです。「毎年11月は売り上げが低い傾向にあり、落ち着いて決算を迎えることが出来ます」と。そんな理由で11月決算にいたしました。

ただ、この11月決算。やはり人間、今月が決算だと思うと気合が入り、何とか結果を出したいといろいろなところに力が入ってしまいます。当然です。ということで、大混乱の決算月という状況は変わらないのであります。

今期もあと1か月弱、少しでもいい決算が迎えられますよう、お仕事お待ちしております!

「Webで課題を解決します」マリンロードをよろしくお願いします。

現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
ページTOPへ