webpromotion
長澤 潤

2020.11.26Webプロモーション 

Webコンサルタント

長澤 潤

Google広告の広告表示オプション(自動)を無効化する方法

Webプロモーション担当の長澤です。
今回は、Google広告(旧:Google AdWords)の機能について紹介したいと思います。

Google広告は日々機能がアップデートされていますので、情報を追いかけるのがひと苦労。
アップデートと同時に有効になってしまう機能などもありますので注意が必要です。

広告表示オプションとは

通常のテキスト広告は、タイトルと説明文で構成されていて、検索キーワードに対応した広告文が表示されるように設定します。
広告表示オプションはタイトルと説明文の下に表示され、広告の画面占有率を上げることでユーザーに発見されやすくなる特徴があります。

・サイトリンク:広告の下にリンクを追加できる機能
・コールアウト:広告の下にキャッチフレーズを複数追加できる(リンク無し)
・構造化スニペット:広告の下に商品の要素やラインナップが追加できる
・電話:電話番号の要素を追加、モバイルはタップですぐに電話できる

など様々なオプションが用意されています。

広告表示オプション(自動)とは

Googleによると「Google 広告では、広告の掲載結果向上につながると予測される場合に、広告表示オプション(自動)が自動的に作成され、広告の下に表示されます。」
ということで、Googleが有効と判断したときに自動で表示される広告オプションです。

こちらも
 ・動的コールアウト
 ・動的サイトクリック 
 ・動的構造化スニペット など
さまざまなオプションが用意されています。

広告表示オプション(自動)を停止する方法

(2020.11.20現在)
広告アカウントにログインして、「広告と広告表示オプション>広告表示オプション」を選択。

いくつか表示されるメニューから「広告表示オプション(自動)」を選択します。

画面右上の「詳細>詳細設定」を選択

ここから1つ1つ「広告表示オプション(自動)」の除外設定を行っていきます。

広告管理ツールも機械学習などを活用した自動化が進んでおり、設定した情報を自動的に加工して出稿してくれる機能や入札単価をより柔軟に調整してくれたりと多機能になってきています。
機能を理解した上で、積極的に活用していきましょう。

令和3年マリンロードのお正月
Webプロモーションサービスはこちら
ページTOPへ