webpromotion
長澤 潤

2021.2.15Webプロモーション 

Webコンサルタント

長澤 潤

Googleアナリティクスのサンプルレポートを公開中|実際の企業データでアクセス解析

Webプロモーションを担当している長澤です。
突然ですが、今、ご覧いただいているマリンロードサイトのアクセス数はどのくらいだと思いますか?

正解は月間約15万PV。

こちらのアクセスデータを使って、実際にマリンロードのコンサルティングで使用している『アクセス解析レポート』を公開していますので、今回はそのご紹介をしたいと思います。

各アクセス解析レポートは読み方の解説つき

各レポートのページでは、どんな数字を扱っていて、何を示しているかを解説つきで紹介しています。
それぞれの数字から読み解けるサイトの特性を、できるだけ具体的に説明するよう心がけました。
マリンロードサイトをしっかり見てもらった上で、サンプルレポートを見ていただけると、より理解が深まるのではないかと思います。

2

検索キーワードから「どんな人がアクセスしているか?」を分析

自然検索の多いWebサイトでは、「どんなキーワードでアクセスされているか?」という情報は非常に重要です。
 ・自社に興味のあるユーザーが訪問してくれているのか?
 ・自社を知らないユーザーとの接点として機能しているか? 
 ・どんなキーワードが問合せに貢献していそうか?
といった情報が分かれば、サイト側にも具体的な対策が打ちやすくなってきます。

3

お問合せに至る導線から「サイトの根本的な課題」を探る

仮にお問合せしてくれそうなユーザーのアクセスが獲得できていた場合、それでもお問合せ数が伸びない場合には、Webサイト側に何らかの問題がある可能性が考えられます。
そんな時には、Webサイトの主要導線の遷移を可視化することで、課題となっている導線を発見することができます。

 ・アクセス数は多いが、そもそもお問合せページが見られていない
 ・お問合せページは見られているが大多数が離脱している
 ・料金ページで離脱しているユーザーが多い

導線の改修やコンテンツの見直しなど、仮説をもとに対策を実施することができます。

4

ここまで紹介したのはほんの一部となりますが、マリンロードサイトの悪いところも含めて、客観的に分析した結果をレポートにまとめてあります。
興味をもっていただけた方はぜひ、下のリンクからダウンロードしてご覧いただければと思います。

現役ウェブ解析士がマリンロードサイトの読み解き方を徹底解説

「Webサイトの読み解き方」をダウンロード

現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
Webプロモーションサービスはこちら
ページTOPへ