system
マリンロード

2014.4.18システム開発 

マリンロード

CakePHP3.0ってどんな感じ?

こんにちは。エンジニアの高田です。
PHPのフレームワークであるCakePHPは現在バージョン2.4.7が安定版として利用可能です。

そんな中、CakePHP3.0の開発プレビュー版2が2014/03/12にリリースされました。
参考:CakePHP 3.0.0 開発版プレビュー 2 がリリースされました

ロードマップのスケジュールをみると安定版がリリースされるのは、まだ先になりそうですね。

ではCakePHP3.0は感じに変わるのでしょう?
簡単に主な変更点をまとめてみます。
●CakePHP3.0の主な変更点
・PHP5.4が必須
 →CakePHP2ではPHP4を対応しなくなりましたが、
  CakePHP3ではPHP5.4以降が必須となりました。

・Composerが標準対応
 →Composerが標準対応となり、パッケージ管理が容易になっています。
  CakePHP3の配布もComposerからのインストールとなります。
  つまりComposerが必須ですね。

・ORMの改善
 →ModelクラスがTableクラス(テーブル定義)とEntityクラス(データ定義)の2つに分割されました。
  以前はクエリが実行されると巨大な結果配列をViewに返していましたが、CakePHP3では
  クエリを実行すると、Queryオブジェクトが作成され、これがViewへ渡されます。
  View側でQueryオブジェクトからデータを取り出そうとするまではクエリは実行されません。
  それによりパフォーマンスが向上されるようです。

次回以降、その他の変更点や実際にCakePHP3を触ってみた結果をお伝えします。
ではまた。

システム開発サービスはこちら
ページTOPへ