direction
マリンロード

2014.7.27ディレクション 

マリンロード

バス亭の検索サービスがほしい

ディレクターの籐です。電車に乗る機会が多いので、ほぼ毎日利用している「乗換案内」や「駅探」は本当に便利で、これがなかったら電車時刻表音痴の僕は、きっと駅でオロオロしていることでしょう。

最近電車と同じぐらいの頻度で利用している公共交通機関「バス」。
このバスも毎日利用しているのですが、なぜかバスの「駅探」にあたるWebサービスがない。
僕がしらないだけで本当はあるのかもしれないが、あってもちょっと使いにくいサービスだったりするんです。

 

dd548f8f58887e06ea08ece05fe5fabb_m

 

僕だけなのかもしれないけど、バスに乗る時に一番困るのは、
「どのバス亭で、どのバスに乗っていいいのかわからない」
ってことです。

「●●行き」って書いてあるバスがほとんどだと思いますが、そのそも、「その●●ってどこ?」ってなりませんか?
地元の人しかわからないようなマニアックな地名が多くて・・

それで結局、運転手の方に「これ●●まで行きますか?」って聞くことになるのです。
やるきのない運転手の方にあたると、めんどくさそうに「このバスは行きません!」とか返されて、クソっとかネガティブになってしまうのです。

 

みんなどうやって自分の乗るバスを把握しているのでしょう?
なんかこうやって、30〜40世代は益々、バス苦手意識が根付いてしまっている気がするのです。

 

電車より路線が複数存在していのバスなのだから、やっぱり「バス停探」みたいなWebサービスがほしいです。
これだけネット社会になっている現代で、「バス亭探」がないのは、きっと大人の事情によるものなのだろうと勝手に想像しているのですが、どうなんでしょう・・

マリンロードはどうかわかりませんが、僕個人的には「バス亭探」すごく作りたいのでどこか協力していただける会社さんがあれば一緒に作ってみたいっす。

 

できることは単純でいいんです。
———————————–
行きたい住所を入れたら、自分のいる場所から最も近いバス停の案内と、
現時刻からもっとも早いバスの番号を案内する。
———————————–
ってことなんです。
だから、位置情報が取得できる端末(スマートフォンかな)で使えるサービスってことですね。

できそうでないのは、やっぱり大人の事情なんだろうな・・・
あーもったいない。

現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
ホームページ制作サービスはこちら

その他の記事

ページTOPへ