system
大貫 晃一

2018.6.22システム開発 

システムエンジニア

大貫 晃一

同一IPに対してVirtualHostを設定する際の注意点

システムエンジニアの大貫です。

レンタルサーバにIPが1つしなかいけど、複数のサイトを運用したい!という事はよくあると思います。

その場合、Apacheでは、「httpd.conf」などの設定ファイルに「NameVirtualHost」を設定し、「VirtualHost」ブロックをサイト分作成することで実現できると思います。

「NameVirtualHost」と記述するとホスト名で、バーチャルホストで使用するIPを設定することが出来るかと思いますが、

その際、「NameVirtualHost」と「VirtualHost」の記述に注意が必要で、引数(IPにするか*にするか)の設定は、同じ設定にしないといけないようです。

*とIP混在していた場合、ホスト名の解決が出来ず、IPで記載されている「VirtualHost」ブロックが優先になってしまうので、設定を行う際は注意して設定してみてください。

■誤った設定(抜粋)
NameVirtualHost *:80
NameVirtualHost 999.999.999.999:80
<VirtualHost 999.999.999.999:80>
ServerName www.xxxxxxxxxx.jp

■正しい設定(抜粋)1
NameVirtualHost *:80
<VirtualHost *:80>
ServerName www.xxxxxxxxxx.jp

■正しい設定(抜粋)2
NameVirtualHost 999.999.999.999:80
<VirtualHost 999.999.999.999:80>
ServerName www.xxxxxxxxxx.jp
<VirtualHost 999.999.999.999:80>
ServerName www.xxxxxxxxxx.jp

ホームページの設定について、不明な点がございましたら、マリンロードまでご相談ください。

システム開発サービスはこちら
ページTOPへ